スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

祈り

2010.05.29
今日は、ベビちゃんへの祈りの日。
カテドラル聖マリア大聖堂へ行って来ました。
私、全然クリスチャンではないんだけど、キリスト教の死に対する考え方・・死とは神のもとへ行くこと。神のもとへ行く至福・・という考え方はいいなと思っていたので、教会でお別れをしたいと思いました。

カテドラル聖マリア大聖堂は、シンプルで暗くて、天井が空に一直線に向かう感じの造りで、そして祭壇の奥に空に向かうハシゴのようなものがあって(←単なる飾りと思うけど)、ベビちゃんをお空に帰すにはぴったりではないかと思ってここにしました。
静かに祈ったら、短かったけど、家族3人の日々があったことを、とても有り難いと思えました。
そして又会えるといいなと思いました。
祈り1

==================
教会を出て、久し振りに夫婦でお外ランチをしました。
教会近くの「ビストロ・ソレイユ」。
以前にも来たことあるんだけど、美味しくてリーズナブルでいいお店です。
ホタルイカのテリーヌが美味しかった。
祈り2 祈り3 祈り4
それから「関口フランスパン」に寄って美味しいフランスパンを買って、さあ、これからいつもの生活だ!って思っていたんだけど・・・。
帰宅後、激しい腹痛と大出血。
術後1日目・2日目が何ともなかったので、もう回復しているとばかり早合点しており。
翌日(術後4日目)も全く良くならず、痛みで一睡も出来なかったので、病院へTEL。
「2週間位痛みと出血が続く人もいるので、様子を見てください」とのこと。
はあぁ・・心機一転のはずだったのにぃ・・・。
スポンサーサイト

さよならの日

2010.05.26
今日、ソウハ手術を受けて来ました。
頑張ったベビちゃんとのさよならの日になりました。

前回の妊娠は体外受精して1回目で出来ちゃったから、私も主人も知識が無くてこりゃだめだということばかりしてしまい、大きな後悔が残ったけど、今回は、良いと思われることは何でもして、万全の体制で全力で8週まで過ごせたので悔いは無いし、もうこれはこういう運命だったんだと受け入れられそうです。
それに今回は、治療仲間からたくさん助けてもらって、感謝でいっぱいの妊婦生活になりました。
皆さん、ありがとう

===============
オペはN医科大でやってもらいました。
電話では紹介状無いとダメっていわれたんだけど、後日ここにかかろうと思っていた不育症の検査を早々にしにいって、実はまだお腹にって話をしたら、全く問題なくオペして下さることになりました。

全身麻酔でのオペは心身共に良かった気がします。
目が覚めたら終わっているんですものね。
ちょっと恐れていたように、かなり若い(たぶん研修医?)先生にあたっちゃって、術後検査では出血がひどくて「上の先生呼んできて!」ってことになり、ちょっとびびったり、先生方忙しくて9時間ステイという長時間になっちゃったりというのはあったけど、さすが大学病院。医師・看護士としてのモチベーションが高いというか、患者の痛みと気持ちに寄り添おうという意識がはしばしに感じられるし、態度もとてもきちんとしてらして、気持ち的に満足のいくオペとなりました。

そして思うに、夢クリニックは非常に優秀なメーカーでした。
でも「医療」ではなかったと思います。
だけど、不妊は病気ではないから、医療ではなくていいんです。
色んな思いがあるけど、通ったのが、丁度2年半となった今日、中退します。

宣告日

2010.05.21
[ベビ待ち日記]

ミラクルは起きませんでした。
今日(8w0d)も心拍確認出来ませんでした。
体の調子から、前回診察日から成長してない、もしかすると、胎嚢もしぼんでるかとばかり思っていたのに、小さいながらも、胎嚢は2センチ、そして胎芽ちゃんは4.1ミリまで成長していて、それを見た時はさすがに泣けました。
胎芽ちゃんは頑張ってました。

==============
ソウハ手術は夢クリの局所麻酔では耐えられそうにないので、大学病院の全身麻酔でと思い、院長に紹介状を御願いしましたが却下され。
大学病院からは紹介状ないとダメと言われ。
私、オペrefugee?

無為の日々

2010.05.17
コメント、メールを下さった皆様、本当にありがとうございました!
気に掛けて下さって、暖かい言葉で励まして下さって、とてもとても嬉しかったです
心から感謝です。

あれからやっと5日が経ちました
まだあと5日もあると思うと気が遠くなります・・。

中間判定日からずっと腹痛があり、ほぼ1ケ月寝たきり安静生活を送っていたので、足腰弱り、体力激減。
今は何するにもすぐに疲れちゃって、お風呂に入るだけで、エアロビやった位の疲れようです。
やばいです~。社会復帰するのに何ヶ月かかるんだろう??
・・というわけで、今は体力的にも何も出来ず、無為の生活の日々です。

続き

2010.05.14
[ベビ待ち日記]

さっき妙に冷静なブログを書いたら、急に泣けてきて、まだダメと宣告されたわけでもないのに、私ったらオペの心配なんかして、赤ちゃんになんて失礼だったんだろうと思いました。
2年前も6wでは確認出来なかったけど、7wでは112と小さいながらも心拍があったので、今ももしかしたら、小さく脈打っているのかもしれないです。
21日までは、赤ちゃんの生命力を信じようと思います。

進捗状況

2010.05.14
[ベビ待ち日記]

ちょっとブログをご無沙汰してました。
11日、6W4Dの心拍確認の日でしたが、胎嚢(14.6×9.6)と卵黄嚢しか確認出来ず、胎芽、心拍共に見えませんでした。
院長「この時期見えんこともあるけど、見えるにこしたことはないね。又10日後に来てみて」と院長にしては優しい?コメントだったけど、これは絶対に厳しい状況。
夢クリ通院者のブログで、6Wに心拍確認出来なくて無事卒業出来た方は見つけることが出来ませんでした。
現にこの数日、腹部・胸部の張りや痛みが全く無くなってしまったし・・。

ある方のブログによると院長「40歳前後で繋留流産になった人の妊娠は難しい」とおっしゃったらしく、私、2年前も繋留流産しているので、今後が非常に難しい状況になってしまいました。
やはり卵ストックが必要だったか・・。
前回HCGが下がるのに半年かかったから、年内の採卵はよくて1回かな・・KLCにするかMMにするか・・その前に不育症の検査もすべき??とか色々ぼんやり考えていますが、目下の課題はソウハ手術をどこでするか。
夢クリの局所麻酔だけの激痛オペには耐えられそうにないし、大学病院の全身麻酔でも、研修医なんかにあたっちゃって下手なことされるのも恐いし・・。
そんなこと考えながらも、これ現実かなーとなんか本当の事ではないような気も・・・。

今回は、食べ物も細心の注意を払い、安静も出来ていたし、最善をつくしたので、もう仕方が無いというあきらめもつきつつあるけど、なんか私の人生、1回で成功するということがないのよねぇ。
なんでかなー。


ゴーヤちゃん

2010.05.09
今日はko-chanがゴーヤの苗付けをやってくれました。
去年は背丈は大きく伸びたのに、実はちっちゃくて、大きくなるのを待っていたら、そのままオレンジ色に熟しちゃって、1個も食べられなかったの。
たぶん土が悪いんだということで、土も取り替え。
今年の収穫はいかに?
ゴーヤ1

ペラルゴニウムは次々に咲き、ベランダが南国風な雰囲気になりました
ゴーヤ2

今日のKo-chan's dish

2010.05.08
今日もKo-chanが食事を作ってくれました
8日-1 8日-2
五目炊き込み御飯、かぼちゃの煮つけ、厚揚げと大根の煮物、ラム野菜炒め。
そしてチキンとたっぷり野菜のオーブン焼き。
アルミホイルの中は新たまねぎです。

いつもながら、大変美味しくて、そして栄養満点でした。
感謝

Nutrition

2010.05.07
とっても久し振りに、パン、食べました。
妊娠にパンがいけないってことはないけど、バター使っていたり、お砂糖入ってたりするので避けてました。
でも、まっ、一日くらいはね
「ポワンエリーユ」のパンは、やっぱり美味しい!!
エリーユ
他のお店と一味違うんですよね~。
美味でございました。

このところ、以前お友達から教えてもらっていた栄養チェックのサイト
https://www.eatsmart.jp/do/esmanote
で毎日栄養バランスをチェックしています。
初めは面倒だったけど、最近は楽しいです。
自分ではバランスよく食べているつもりでも、やはり盲点があったりして。
私はちょっと鉄分が足りてないようです。
卵はほぼ毎日食べているんですけどね・・。

マタニティブック

2010.05.06
[ベビ待ち日記]

胎嚢確認から心拍確認までの10日間、これはかなりしんどい日々ですね。
GWがあったのでずっとko-chanと一緒だったのでかなり救われましたが・・。
とにかく胎芽君がどう成長しているか、非常に気になる。
そんな折、こんな本を見つけて購入。
「安心マタニティブック」
A.Christine Harris著
長岡書店
マタニティブック
この本、なにがいいって、一日一日の成長が書かれているんです。
今日5週6日目はこんな感じ。
「胆嚢、胃、腸、膵臓、肺の形成がスタートしました。甲状腺も発達を続けます。さらに、この頃までには小さな肝臓も形成されます・・・」
こんなの読むと、胎芽君も頑張っているから、自分も頑張ろうって思えます。

ペラルゴニウム開花

2010.05.05
暖かい陽気に誘われて、ペラルゴニウムが一斉開花。
ゼラニウムの一種だけど、ちょっとランっぽい感じですよね。
香りもとっても良くて、窓をあけると、ふんわりといい香りが部屋の中に舞い込みます。
ゼラニウム1 ゼラニウム2
そして紫陽花の蕾もこんなに大きくなって来ました

エクセレント!

2010.05.04
ko-chanが買って来てくれた、「ヤマサ」の醤油。
醤油1
これ、すごいですね。詰め替え用のような形状ですが、このままでこぼれずに使え、しかも、中の醤油は空気に触れない仕組みになっているんですって。
がばっと出そうですが、出る量も程よく、液だれもせず、常温で保存できます。
空気に触れないっていうのが衛生的でいいですよねぇー。
油の酸化とかも気になるので、油もこういうのが出たらいいな~。

今日ko-chanが作ってくれたお料理。
醤油2 醤油3 醤油4
朝:お好み焼き:山芋たっぷりでふわふわ!春キャベツは甘味たっぷりで美味しかった!

昼:野菜たっぷりのトマトソースパスタ:葉酸とリコピンたっぷりで嬉しい!

夜:ゴーヤチャンプルー、その他野菜:ラム肉を使ったゴーヤチャンプルーは私のお気に入り。
大変おいしゅうございました

今日のおうちごはん

2010.05.03
今日も引き続き、安静ラクラク生活をさせてもらってます。

朝食はKo-chan特製「玄米とトマト、その他野菜のリゾット」
dish3-1.jpg

午前中に義母様から美味しい物たくさんの差し入れを頂き、
昼は、鎌倉名産しらすで「シラス丼」・義母様お手製の「ほうぼうの煮付け」「春野菜の煮物」ko-chan作成の「ワカメスープ」「大根サラダ」そして葉酸とる為に「そら豆」
dish3-2.jpg

そして夜は、これまた義母様特製の「牛たんのシチュー」でゴージャスに。
dish3-3.jpg
とろとろに煮込まれていて、とってもとっても美味でした

お腹の中の2世君も美味しいって喜んでいると思います!

Ko-chan's dish

2010.05.02
自主安静期間中なので、このGW中、ko-chanが全ての食事を作ってくれてます~
掃除機もかけてくれて、洗濯もしてくれてます~
私はお姫様生活させてもらってるけど、お姫様になりきれず、なんか悪いな~と、つい家事やろうとして怒られておりマス。

↓ko-chanが作ってくれたお料理。
dish2-1.jpg dish2-2.jpg 
dish2-3.jpg
どれも、すっごく美味しいの!!!
チンジャオロースなんて、中華料理店顔負けのお味でした
超・料理のセンスあり。
しかもしかも、妊婦用の本で、妊娠初期に必要な栄養素を研究してくれて、栄養価もバッチリ。
添加物一切なし。
ご飯も玄米100%に変えてくれました。

これでko-chan2世にも、栄養たっぷり行き渡っているでしょう。
ko-chanに感謝
頑張れ2世君

胎嚢確認日

2010.05.01
[ベビ待ち日記]

胎嚢、確認出来ました~。
良かった
大きさ6.1ミリ。ちょっと小さいかな?
↓ここにいま~す。黒いちっちゃいの。
胎嚢
院長「今は何も出来ることないから、次10日後ね」
私「中間判定日からずっと腹痛が続いているのですが」
院長「妊娠とは関係ないね」
私「生理痛のような感じなんですが」
院長「この時期に痛くなるはずない」
・・ということで腹痛は解決したような解決してないような・・
特に安静指示出なかったけど、まぁ、しばらく安静にしてましょう。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。