スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

茶の日

2010.11.30
本日お茶の日。

・貴人点棚なし
・貴人点棚あり(利休好み丸卓)

今日のお棗は「独楽塗中棗」という、独楽を連想させるかわいいお棗でした。
色々とお道具を拝見出来るのは楽しいものです

お茶杓の御銘は時節柄「顔見世」と「秋時雨」としました。
「顔見世」なんて御銘、いいのかしら?先生、ちょっとぷっとお笑いになったようだったけど、特に注意されなかったからいいのかしら??
スポンサーサイト

秋の京都・Day2

2010.11.28
宿泊した「ロテル・ド・比叡」からは琵琶湖が見えます。
ロテル2-1 ロテル2-2

比叡山から京都市内までのドライブウェーは、素晴らしい紅葉風景でした!

さて、今日は「今宮神社」から。
名物の「あぶり餅」、もちろん食べました
京都2-1 京都2-2
ここは人も少なくて、ゆっくり散歩。
紅葉も見事で、立派な神社でした。

今回の目玉「大徳寺」へ。
この厳しさと静謐感。いいな~。
他のお寺とは別格な感じがします。
↓JRの宣伝で使われている所。
京都2-3 京都2-4
(右)お茶室の中、モミジの色が照り入って赤く染まってます。

↓金毛閣。利休に想いをはせます。
京都2-5 京都2-6
(右)大徳寺の中にある「泉仙」で鉄鉢料理を。

それから裏千家の茶道資料館と今日庵へ。
茶道始めて良かった~。
なんか興味の対象が広がって、楽しみが増えました!

それから同志社大学のステキな建物を眺めて、「吉田山荘」へ。
ここ、ずっと来て見たかったんです。
料亭旅館なんですが、お茶も出来ます。
京都2-7 京都2-8
お善哉が最高に美味しかった!!!

「真如堂」と「金戒光明寺」で最後の紅葉を。
京都2-9 京都2-10
〆は「松葉」のにしんそば。

今回はとっても効率良く廻れて、何だか大量の紅葉の中での2日間って感じでした。
赤く染まっちゃった感じ。

京都・・季節毎に訪れたい場所です。

記念日ディナー

2010.11.27
12月3日は結婚記念日
ちょっと早いけど、今日宿泊の「ロテル・ド・比叡」で記念日ディナーを

鱒と柿の前菜 ゆず風味
ロテル1

京もち豚、滋賀日野町の鹿、フランス鴨を合わせたパテ
ディジョンと球状タスマニアマスタードの地元野菜のマリネ
ロテル2

淡路、近海で水揚げした海の幸の“ロテル・ド・比叡風ブイヤベース”を
透明な耐熱ラップとリボンで香りを閉じ込めた、パピヨット仕立て
ロテル3

国産牛ホホ肉の赤ワイン煮込みと新ジャガの“パルマンティエ風”
季節の野菜、ゴーフルフライ、ハーブ、クミン香る姫人参のキャラメリゼ
ロテル4

秋香るフレッシュ巨峰のコンポート
庭のオーデコロンミント香るクリームとジュレ
ロテル5

記念日デザート
ロテル6

秋の京都・Day1

2010.11.27
秋の京都へ
燃えるように紅葉真っ盛りの京都。
自分の目が赤くなるんではないかしらと思う位、真っ赤なモミジを堪能してきました

まずは、紅葉の名所の雄「東福寺」へ。
京都1-1 京都1-2
ちょっとピークは過ぎてたけど、散りモミジも美しく。

方丈の庭園はリンとしたたたずまい。
京都1-3 京都1-4

「泉桶寺」へ。
落ち着いた、上品なお寺でした。
皇室とゆかりが深いので、御用邸とよく似た建物も。
京都1-5 京都1-6

それから大好きな「三十三間堂」で1001体の千手観音像様拝観。
柔らかい気持ちにさせてくれます。
残念ながら内部の写真は不可でしたが。
京都1-7

「南禅寺」へ。
どうどうとそびえる山門。
(右)山門から見た景色。
やっぱり「絶景かな~」って言いたくなります
京都1-8 京都1-9

近くを流れる琵琶湖疏水の水道橋がまたいい感じ。
京都1-10 京都1-11
溢れる紅葉の一日でした。

料理教室

2010.11.25
今日はお料理教室でした。
クリスマスモードのすてきな食卓。
真っ赤なタジン鍋をクリスマスツリーに見立てて飾ってあるのが、先生の流石のセンスですね!
サロン1
今日のメニュー
・山芋のまったりすり流し汁
・マグロのステーキ 温泉卵と粗引き黒胡椒のソースに絡めて
・ほかほか焼き芋おこわ
・りんごの里のカマンベールチーズケーキ
サロン2 サロン3

外苑イチョウ並木

2010.11.23
我が家の秋の恒例行事。
外苑のイチョウ並木を見に行きました。
いつもは11月最終週か12月第一週目に見に行っているので、今日はちょっと早くて、まだ緑が残っている木もありましたが、やっぱり迫力のイチョウ並木でした。
外苑1
イチョウ見ながら歩く人の顔見ていると、皆幸せそうで、何だか平和でいいなって思います。
外苑2 外苑3
(右)そしてこれまた恒例の写真。「Our shadow on leaves」

ついでに西城秀樹発見!

それから青山の「ウエスト」へ。
込んでて40分も待ちましたが、待ったかいありの美味しいホットケーキ!!
ふわっふわでした~
外苑4 外苑5
「ウエスト」だからシュークリームかなーと思ったんだけど、今日は季節に合わせてモンブランに。
これまた美味しいモンブランで、昔ながらの味って感じなんだけど、とっても上質!!
コーヒーもミルクティーも美味しくて、充実のティータイムでした

初「花月」

2010.11.22
今日の茶道レッスンは初めての「花月」でした。
「花月」とは、5人一組で、くじ引きのようなもので、お茶をたてる人と飲む人を決める、ゲーム?のようなもの。
でももちろん、細かな動きのルールがあり、きびきび動かないと他の人に迷惑をかけそう。
しかも今日のメンバーは、茶名を取っている方2名と10年近く習っている方2名で、私だけ超newcomerだったので、緊張して出掛けました。
実は昨夜、花月で四苦八苦する夢まで見ちゃいました
でも、何とかあまり迷惑をかけずに終わってホッ。
面白いものかどうかは、ちょっと分からずじまいだったけど、普段のお手前とは一味違って、スピーディーで何となくポップな感じ。
5人でやるという一体感もいいかも。
お茶の銘柄を当てたり、俳句を作ったりする花月もあるようなので、色々と経験してみたいです。
茶
↑イメージ写真 at home

五反田ウォーキング

2010.11.21
ko-chanのフットサルが五反田であったので、今日は五反田散歩。

ランチは「フランクリンアヴェニュー」で本格ハンバーガーをがっつりと。
五反田1 五反田2
カジュアルなんだけど、おしゃれなお客さんが多いお店で、学生の時はちょっと気後れした程。
今日も爽やかでしゃれたお客さんが多かったナ。

池田山公園へ。
なかなか風情のある綺麗な公園です。
五反田3

皇后美智子様のご実家跡の「ねむの木の庭」。
まだ「プリンセスミチコ」のバラが咲いてました。
五反田4 五反田5
美智子様の御歌
「剪定の はさみの跡の くきやかに
  薔薇(そうび)ひともと いのち満ち来ぬ」

清泉女子大近くに、とっても可愛くてステキなベーカリーを発見!
「Suginoki」
ホテルオークラやオーバカナルでシェフをした方がオープンしたベーカリーだそうです。
五反田6 五反田7
お店は小さいながら、種類もたくさんあって美味しかったのに、店員さんの態度がいまいちで残念。

石神井公園散歩

2010.11.20
石神井公園で秋のお散歩

紅葉は、一部分ってとこかなー。
そんなに紅葉する木が多くないかも。
最近あまり見かけない柳がたくさんあって、新緑の頃のほうが見ごたえある公園かもしれないです。
結構広くて、万歩計では9キロも歩いてました。行き帰りも含めてだけど。
石神井1 石神井2

石神井3 石神井4
大きな公園の近くって、なぜか大豪邸が多いですよね。
環境がいいってことかな?
右下写真みたいなお城のようなお家も。

ランチは公園を眺められるレストラン「ロニオン」で。
なかなか美味しいパスタとピザでした。
石神井5 石神井6

石神井公園駅の近くで「はらドーナツ」発見!
公園のベンチでぱくっ。
石神井7

二子玉川deランチ会

2010.11.19
大学時代の友達2人と二子玉川でランチ。
玉川高島屋の「ル・ジャルダン」にて。
ジャルダン
二人とも、中学生・小学生のママで、話題は自然とお受験・教育話。
私には、何だか遠ーい話なのでありました。
でも、ママ達の間で流行っている小物など教えてもらい、新鮮なのでもありました。

季節迎え

2010.11.17
街の中はクリスマス飾りがいっぱい!

我が家もクリスマス飾りを出しました。
サンタさん勢ぞろい。
2010クリスマス飾り
↓我が家のボスのサンタさん。
2010クリスマス飾り2

バレエ日

2010.11.16
バレエのレッスン日。
今日は初めてヴァリエーションのクラスも受けてみました。
「ジゼル」
ローザンヌコンクールでもよく踊られる、あのヴァリエーション。

すごく楽しくて、すごく大変だった!
普段練習しているパ(ステップ)は、茶道の割り稽古と一緒で、ヴァリエーションは茶道でのお手前と同じだなー。
ひとつひとつ分断していたものが一つに纏まって、踊りとなるのがなんだか感動!
しかしながら、とっても難しい。
片足でケンケンしながら進む振りとか、ピルエットしながら楕円に進むというのが、どれだけ難しいか!
プロのバレリーナってやっぱりすごいと実感。

普段のクラス1時間30分とヴァリエーションクラス1時間30分、計3時間で、もークタクタ。
でもこれからもがんばろーと超やる気
バレエ

茶道日

2010.11.15
今日から炉でのお稽古が始まりました。

・薄茶運び手前
・丸卓での薄茶点前

茶杓の銘は「秋麗」としました。
秋麗=秋晴れの太陽がまぶしいほどの日。
イメージ
↑イメージ写真 at 昭和記念公園

炉はお茶の真髄って感じがしてとてもイイ。
炉縁も美しく、冬の日だまりを思わせるようなほのぼのした音を立て、お釜にこぼれたお湯がすっと乾く風情もいとおかし。
炭によく火がついて、お釜の湯がよく湧いているのを「お煮えがよろしいようで」って言うらしい。
言ってみたいけど、ちょっとツウっぽくて?まだちょっと気恥ずかしい。
いつか、さらりと言えるかなー。

ところで、ベビ待ちの身としては、抹茶のカフェインが気になるところ。
入会の時、振り替えが多くなるかもしれないので、不妊治療の事を先生に話しておいたんだけど、とっても理解ある先生で(お嬢さんもお嫁さんも8年近くかかったとのことで)、「この近所の方たちは都立大のクリニックに行かれるみたいだけど、最終的には皆さん新宿に行かれてるみたいねー」とおっしゃって、えー先生!そこまでご存知なんですか!って感じ。
というわけで、私がお茶を飲むお客様役をする時は、お手前する方に「薄くたてて」とか「私が飲むわ」っておっしゃって下さり、今もって私、お抹茶ほとんど飲んでないんです
お茶を習っているのにお茶を飲まないという不肖の弟子で・・。
理解ある先生に感謝

近所の秋

2010.11.14
今日は駒沢公園をお散歩。
ふわっと枯葉の匂い・秋の香り
秋っていいなと思う瞬間。
駒沢1
走る人、ウォーキングする人、サイクリングする人がいっぱいなのが駒沢公園ならでは。

桜の葉の色づきが見事で、桜の葉ってこんなに赤くなるんだっけって思う程。
今年は猛暑の影響が懸念されたけど、良い紅葉狩り出来ました。

それから都立大駅までテクテク歩き
「Chouette」でランチ。
美味しいランチで満足~。
駒沢2 駒沢3
「ちもと」で和菓子購入。
こちらもおいしゅうございました。
駒沢4 駒沢5

昭和記念公園

2010.11.13
立川の昭和記念公園へ行って来ました。
秋真っ盛り。
イチョウもモミジもベストな色づき。
立川って都心と気温差なさそうなのに、2週間位早い紅葉。
なぜなんでしょう??

イチョウの並木道。
㊨中を歩くとこんな感じ。
昭和1 昭和2

織り成すモミジも美しく。
昭和3 昭和4
昭和5 昭和6

この公園、すっごく広いので、自転車レンタルして、風をきって走るとルルルンいい気持ち~
お昼は、来る途中で寄ったベーカリー2軒、松蔭神社前の「Sudo」と立川の「ムッシュIVAN」のパンを食べ比べ。
昭和7 昭和8
「Sudo」の勝ち~
 

判定日

2010.11.11
[ベビ待ち日記]

本日判定日(BT12)。
予測どおり、撃沈
hcg 0.1 ←ゼロと同じ

先生「いい卵だったんですが、着床しなかったので、次回は胚盤胞まで育てましょう」とのこと。
胚盤胞までいくのは精神的に試練が多いが、了解っす。
先生、必要な事だけをハキハキと述べてくれて、質問はありますか?と聞いてくれて、診察は気持ち的に楽でした。
前クリニックのように、高齢のせい・高齢のせい・高齢のせい・結局はアナタのせいみたいなことを言われないのがとてもイイ。

次回D3に来るように言われたので、セロフェン飲む前にピルを飲む必要がないのか聞いたら、D3で残卵あってE2高いようならその周期はお休みしてピルでつぶすけど、その前に飲む必要ないとのこと。
そ、そうなの~
前クリニックの見解とは大きく違うけど、加藤に入っては加藤に従います。
通院が減るのもヨイヨイ。

ところで、今日NHKの「福祉ネットワーク」で不育症のことが取り上げられていて、産婦人科の医者ですら、不育症のことを理解してないので、治療すれば出産までいける人が見過ごされていることが述べられてました。
全く実感。私がかかっている医者も「不育症というものは存在しない」という見解で、私は治療のお友達から「不育症の検査したほうがいい」と言われて別の病院で自分が不育症なんだと判明したけど、ホントこの助言がなかったら、これからも流産を繰り返すとこだったよ。
治療が確立しているものくらい、全国の医者の間で流布させてほしいものです。

新宿deランチ

2010.11.10
今日はベビ待ちのお友達とランチ。
新宿の「元気な食卓」にて。
新宿バイキング
お友達が加藤レディースクリニックで某有名人と会ったという話を聞いて、その方と会えるのを楽しみに通院しよーと思ったのでした
なんて低いモチベーションの上げ方
でも、何か少しでも無いと、通院の気力が湧かない・・。
明日は判定日。
数値ゼロは覚悟済み。
だって全然気配がないもん。

茶事レッスン

2010.11.08
今日は、茶道の茶事(懐石)のお稽古でした。
4時間半の正座はさすがに足がしびれたけど、初めてだったので、とっても目新しく楽しいひとときでした
もう毎日茶事やりたい位

4時間半も何をするかというと、ご挨拶して席入り、お床など拝見、炭を入れるのを拝見、食事、お濃茶、炭を拝見、薄茶です。
お客様側も、なんだか一挙手一投足に決まり事があって、一度ではとても覚えられるものではなく、茶事のお招きを受けるには、そうとうの訓練が必要だと実感。
なにせ、お客様が決まり事通りに動かないと、亭主も動けなくなるので。
食べる手順、お酒を飲む順番など、把握してないと、とんでもないことに。
そしてお客は、亭主の力を入れた所、趣向などを察知して「大変結構なお茶碗とお見受け致しましたが何かいわれでも?」などと上手にお尋ねしなければならないの。
この問答が一番難しそう。
お客側でもこんなに大変で色々することがあるのだから、亭主になるとしたら、どんなに大変か。
先生のすごさを再認識。
この前「先生になりたい」なんて軽く言っちゃって反省。
いやはや、道は険しくて深くて長いです

等々力渓谷

2010.11.07
等々力渓谷をお散歩。
等々力不動尊にはモミジがたくさんあったので、紅葉の時期は綺麗かも。
今日はまだ青々としてました。
等々力1 等々力2

等々力渓谷の途中にある「OTTO」でランチ。
昔からあるお店で、なんともイタリアにありそーな雰囲気のお店です。
お味も良く、窓からの等々力渓谷の借景が目に楽しい。
等々力3 等々力4

それから尾山台の「オーボンヴュータン」へ。
3時40分頃着いたんだけど、ケーキはほとんど売り切れ。
あまり人気のないのが残っていたのか、全然美味しくなかった
ウーム。天下のオーボンヴュータンと思っていたのでがっかり。
等々力5 等々力6

明治神宮

2010.11.06
原宿にある大好きなリストランテ「カヴァカヴァロ」に行きました。
お料理美味しいし、なんか落ち着くんです~。
前菜とパン(←このパンがいつも美味しい)
原宿1 原宿2

パスタはいつも通り絶妙なお味。デザートもgood!
原宿3 原宿4
サービスもスマートでさりげないところが好きです。

それから明治神宮をお散歩。
紅葉はまだまだのよう。紅葉しない木が多いのかな?
原宿5 原宿6
菊の季節になりました。
今日は御苑が工事中で入れなくて残念。
それにしても、歩いている人の半数以上はアジア系外国人です!
インターナショナルというか、数年前とは風景が様変わりです。

お茶の本

2010.11.05
有吉玉青さんの「お茶席の冒険」を読みました。
お茶室の冒険
茶道が何故面白いかを人に説明するのって、すごく難しいと常々思っているのですが、この本にはすっきりとそれが書かれていて、私自身、溜飲が下がる思い。
でも、この本から言葉を抜粋しても、この本を要約しても、やはりお茶の楽しさを説明するのは難しい気がして、結局、お茶の面白みは、一言では表せないもののようです。

・・そして、私はお茶の世界にはまりまくっています。
来週はお茶事(懐石)の勉強会もあるので楽しみ
で、ひそかに10年後にはお茶の先生になろうかと計画を立てているのですが、早くも覚えることの多さにたじろいでます。
なにしろ、お手前の数は、先生曰く「たくさんありすぎて数え切れない」そうで、そんなにたくさん、私の頭に入りきれるのだろうかと超心配。
まぁ、こつこつとやっていきます。

ネオ玄米

2010.11.04
[ベビ待ち日記]

先週2個採卵して引き続き培養中の方の卵ちゃん、今日が凍結確認の日でしたが、双実胚で分割ストップ
なかなか簡単には胚盤胞になってくれませんねー
気分は一気にブルー

お腹の中の卵ちゃんはご機嫌いかがなんでしょう・・・昨日はお腹にズーンとした違和感があったので、着床したか!って思ったけど、なんだか今日はすっきり感
変な違和感も恐いけど、何の変化もないのも恐い・・どっちにしてもナーバスになる時期。

今回は、あまり安静にせず無理しない範囲でフツーに生活しようと思っています。
でも、ご飯は玄米にしました。
キッコーマンの「ネオ玄米」
ネオ玄米
↑これ、なかなか良いです。
キッコーマン独自の製法でパプ加工したもので、とっても食べやすいです!

畠山記念館

2010.11.03
文化の日の今日は、とってもいいお天気でした。
早慶戦とか、ラーメンフェスティバル(駒沢公園)とかあちこちでイベントも多かったようで、どこもかしこもすごい人出でした!
電車も通勤電車並みの込み具合

私達は白金台にある「畠山記念館」へ行って来ました。
畠山1
ここは荏原製作所の創始者の蒐集品が展示されていて、お茶のお道具の逸品が充実している美術館です。
今の展示は「織部が愛したお茶 高麗茶碗-割高台-」でした。
そして今日は林原美術館館長の熊倉功夫氏の講演「古田織部の茶の湯」があったので、聞きに行ったのですが、定員100名をかるく超えて、私達も会議室外で拝聴するはめに。
でも、利休と織部の関係、また二人を取り巻く歴史を交えて、とても良い講演会でした。
庭園は、欝蒼とした緑がいっぱい!
お茶室も点在しています。
畠山2 畠山3

美術館近くで見つけた「トラットリア La Foglia」でランチ。
こじんまりとした、アットホームなお店で美味しかったです。
畠山4 畠山5
デザートは品川まで歩いて「オーバーカナル」で。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。