スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

茶の日

2011.01.31
本日茶道日。
今日のお稽古は
・吉野棚での濃茶点前
・置き炉での絞り茶巾の筒茶碗点前

茶杓の銘は「春隣」としました。
「春隣」って、いい言葉ですね。
大寒の時に使うらしいですが、明日から少し暖かくなるそうなので、今日はまさに春隣。
スポンサーサイト

デイルズフォードオーガニック

2011.01.30
25年以上、コッツウォルズでオーガニック農場を経営して、ロンドンにレストランを何軒か出している「デイルズフォード・オーガニック」が青山に日本店第1号を出店したので行ってみました。
白を基調とした、明るくて木のぬくもりのあるカワイイ店内。
デイルズ1 デイルズ2
有機野菜はさすがに味が濃くて美味しかった!
でも、量が少なすぎー。しかも、いくらオーガニックのものは値がはるとは言え、これで¥1,800!?
なんかすぐお腹すいちゃったよ。
うーむ。これだとリピーターは増えないんじゃない?デイルズフォードさん。

==============
デザートは家に帰って自宅プチ茶会。
今日のお菓子は、「桃林堂」のもの。
↓椿餅。この季節ならではですね!
デイルズ3 デイルズ4
右は蕪のおまんじゅう
中はビーツで作られた餡。
さっぱりとしていて美味しかった!
しかもこの可愛らしい形状!
思わずうっとり。

↓桃林堂の定番。たいやき。
デイルズ5

家でまったり土曜日

2011.01.29
外は寒いし、インフルエンザも流行っているしで、今日は家でまったりの土曜日。

チョコチップパンを作ってみました。
チョコチップパン

パン片手に映画「めがね」鑑賞。
荻上直子さんの脚本・監督作品。
彼女の作品「かもめ食堂」が好きだったのですが、この「めがね」も良い映画でした。
荻上ワールド全開って感じで、まったりするには最適~
与論島で、ひたすらゆったりと過ごす人達の日常が特段のストーリーもなく描かれていて、雰囲気を楽しむ映画。
とっても静かな映画で、科白も少ないんだけど、音楽もほんの少し。風の音、波の音、食事中の食器の触れる音、等などがしっかり拾われていて、とてもいい感じ。
食事場面が多いんだけど、すごく美味しそうでこれまたよろし。
寝る・食べるが人間の基本・・・あとはまったり・・・こういう生活もたまには必要ネ!
もたいまさこ、小林聡美が秀逸。彼女達あってこその映画でした。

採卵日

2011.01.28
[ベビ待ち日記]

D21にして、やっと採卵。
未熟卵ではありましたが、1個採れ
前々日24時にスプレキュアして今日10時40分に採卵だったので、ちょっと遅いのではと思っていたけど、反対に早かったのねー。
でも以前、未熟卵でも妊娠したので、希望を持ってます。

で、今日からプラノバール飲むように言われたけど、「血栓が出来やすい抗体を持っているので飲みたくないんですけど」って言ったら即OK。
KLCの先生は、臨機応変?あっさり?
でも、言った後で、残卵つぶさなくて良かったんだろうかと心配に・・。
どうするのがベストなのか分からないから、ホント悩んじゃうよ

Restart!書道

2011.01.27
3ヶ月(計6回)通ったカルチャーセンターの書道は、何ともユルユルの雰囲気で上達しそうもなく、継続するかどうか迷っていたんだけど、茶道の先輩が書道をなさっていると伺って、そのお教室を紹介して頂くことに。

で今日、見学に行って来ました。
バリバリに頑張る人達の教室って感じで、俄然やる気が出たー!
先生は気さくで、どんどん教えてくれる感じ。
文字は柔らかい雰囲気で、こんな字が書きたいとしみじみ思いました。
家で書く課題はとてもたくさんあるようだったので、これから時間を有効に使って、書にいそしまねば!
がんばろー
今週はとりあえず蘭亭序を書くことに。↓
蘭亭序

乾燥対策

2011.01.26
雨がちっとも降らない東京は、超乾燥中ですネ
乾燥は肌の大敵。
で、IKKOさんもお薦めの「カロチーノ ジェル」を愛用中。
カロチーノ
ちょっとベタベタするので使用感は良くないけど、バツグンの保湿力
夜、あつーく塗って寝てまーす。

茶の日

2011.01.24
本日のお茶のお稽古
・吉野棚での濃茶点前
・吉野棚での筒茶碗薄茶点前

お床には水仙の花が飾られていて、お手前していると、ふわっといい香りがただよってきてほんわかした気分に。
匂いの強い花は茶室に向かないとされているけど、こういう自然の香りは嬉しくなっちゃう。

今日は筒茶碗という、高さがあって間口の狭いお茶碗を始めて使わせて頂きました。
冷めないように工夫された冬限定のお茶碗。
お茶碗を斜めにして、お湯を入れたり点てたりと、ちょっと扱いにくいけど、お客様としては、暖かい感じでほっこりする、いいお茶碗だなーと思いました。

すばらしき沈壽官窯

2011.01.23
日本橋三越で開催中の「歴代沈壽官展」に行って来ました。
最高に素晴らしかった!!
沈壽官窯は薩摩焼の窯元で、豊臣秀吉時代の韓国出兵の折、韓国から連れてこられた陶工が、薩摩の地で強制的に作品作りをさせられたのが最初。
それから現在まで脈々と陶工の血筋を受け継いでいる家系。
豊臣秀吉の時代、時代が時代とは言え、それって拉致じゃない?と思うと申し訳ないけど、そんな苦難を乗り越えて、初代は土探しで20年!その後薩摩藩の庇護を受けたりもしたけど、明治に入ってからはその後ろ盾も無くなり、また人種差別もあったと思うけど、その中でこんな素晴らしい作品を作り続けておられるとは!
日本にこんな素晴らしい窯元があるってしらなかった・・。
薩摩焼って、「白」っていうイメージしかなかったんだけど、沈壽官窯のものは、華やかで、上品で、そしてなにより透彫の超技巧!!
ほろりと泣けてくるような、しみじみとした感動が押し寄せてくる作品達でした。

=================
ランチはコレド室町の陳健一さんのお店「四川飯店」で。
名物のマーボー豆腐を。
辛かったけど、奥深い、ちょっと今まで食べたことのない上質な辛さでした。
陳1
おこげと焼きそばも美味しかったわ。
陳2 陳3

ティータイムは三越の中の「クラブハリエ」で。
陳4
焼きたてのバームクーヘンって、こんなにフワフワで美味しいんだ!って毎回感動するお店です。

水仙と羽田とトンカツ

2011.01.22
水仙を愛でに葛西臨海公園へ行って来ました。
ピカピカのお天気で、気持ちの良いドライブでした

水仙は、ほのかな甘い香り。
葛西1 葛西2

久し振りに観覧車(日本一大きい)にのって空中散歩
葛西3 葛西4

それから話題の羽田空港国際線ターミナルへ。
飛行機搭乗者ではなく、空港見学の観光客でいっぱいでした!
まっ、一回行ってみるのはありだけど、何回も観光に行くって程ではないかな。
↓テレビで見る通りの江戸の街並み。
葛西5 葛西6
ランチは人形町「玉ひで」と博多「あんず」がコラボレーションしたお店で。
それぞれのメニューを一つのお店で出す形態。
親子丼とトンカツを一つづつ注文して二つ楽しむ予定だったのに、玉ひでの方は売り切れでしたー。
でも「博多・あんず」のトンカツ、すごくレベルの高いトンカツで、満足~。
博多では行列が出来るお店なのかな?
とっても美味しかったです。

駒沢梅

2011.01.20
バレエの帰りに、駒沢公園をお散歩。
早咲きの梅が咲いていました
大寒の寒空のもとで、リンとした立ち姿でした。
駒沢梅
与謝蕪村の句
「二(ふた)もとの梅に遅速を愛す哉」

D12

2011.01.19
[ベビ待ち日記]

本日D12。暗雲たちこめる
久々にプラノバール飲んでの周期だったけど、やっぱりプラノバールは私に合わなかった!
今日のE2 70
そう。私プラノバール飲むと、卵作るスイッチが入らないのー。
薬剤が体に残りやすい体質なんだろうか?

で、15ミリの卵胞もどきのものがあったけど、先生「このE2からすると、先月と同じくチョコレート嚢症かもしれません」とのこと。
チョコレート嚢症!先月だけの一過性のものかと思ったのに・・
なんかこれ、名前が悪いよねー。チョコレート色のドロドロしたものがお腹の中にあるって気分が悪い

結局、計測もされなかった小さな卵達を育ててみましょうとのことで、セロフェンとHMGスプレー継続。
今までもプラノバール飲んだ後って、卵が育つのに時間がかかり、結局採卵キャンセルが多かったのよねー。
プラノ飲んでいる間、副作用でかなり体調悪かったし、これからは、プラノ無しにしてもらおう。

薬剤って、ありがたいものながら、でもやっぱり体には無理を強いているような気がする。
特に不妊治療の薬って、強制的に卵つぶしたり、卵作ったりの薬だしね。
先日の新聞によると、「体外受精児とそうでない子供の健康比較調査をする」って厚労省が発表したらしいけど、えー!今までやってなかったの
日本では、やってなかったんですって。
今まで言われていた「健康状態に差異は無い」とされていたのは、海外のデータらしい。
海外とは使う薬も違うでしょうに。
今回、セロフェン+HMG14日以上ってことになるけど、大丈夫なのかしらと心配になる・・・。

つけ加えで、18日の朝日新聞。
不育症に関しての記事で、「不育症の検査は肉体的な負担も大きく、卵管造影検査では締め付けられるような痛み」って書かれていたけど、不育症の検査で卵管造影検査は必要ないでしょうに。しかもこの検査の痛みは医者の技量と卵管のつまり具合によって大きく異なるもので、痛いなどと書かれたら、これから不妊症検査をする人は躊躇しちゃうでしょう。
「検査だけで10万円」とも書かれていたけど、そんなにかからないって。
「悩むより検査を」っているタイトルなのに、この情報は何?
脇が甘いぞ。朝日新聞。

お茶初め

2011.01.17
今日は今年初めのお茶レッスンでした。
今年は先生の御都合で初釜がないとのことで、ちょっと残念。
でも新春らしく、島台茶碗や初夢(富士・茄子・鷹)をモチーフにした茶碗などが揃えられていて、とてもめでたい感じでした。
お菓子は「花びら餅」と「霜柱」。
この「霜柱」っていうお菓子、感動物でした。
飴細工なんだけど、見た目も霜柱そっくりで、食べると、最初パリパリっという霜柱をつぶした時の音がして、そしてすーっと溶けていくんです。
こんなお菓子があるのねー!!!
仙台の九重本舗っていう所のお菓子だそうです。

本日のお稽古
・吉野棚でのお濃茶点前
・吉野棚での入子点

今日は着物を着ていきました。
茶道初日

寿司

2011.01.16
今日は美登里寿司でお寿司をたらふく食べる~の日。
美登里1 美登里2 美登里3
今日のヒットは、かれいのエンガワかな?

すばらしきパン屋さん!

2011.01.15
ずっと気になっていたパン屋さんへ行って来ました。
gentille」(ジャンティーヌ)
目黒駅から徒歩15分、中目黒駅からも徒歩15分と駅から遠いんだけど、行く価値ありのすてきなお店でした
2階がカフェになってます。
サンドイッチもすごく美味しかったし、フレンチトーストが、これまた絶品でした!
こくがあって、ふわっふわなの。
質の良い干しぶどうが、すごく良いアクセントに。
今まで食べたフレンチトーストの中でNO.1かも。
ジャンティーヌ1 ジャンティーヌ2

↓ちっちゃなお店なんだけど、フランスのアンティーク家具がとてもいい雰囲気をかもしだしている、カワイイお店。
ジャンティーヌ3 ジャンティーヌ4
テイクアウトしたパンが、これまた全部美味しくて、愛情をいっぱいかけられたパン達っていう感じ。
ko-chan「美味しいパンを食べると、幸せな気持ちになるな~」。
I agree with you.
Thank you for gentille.

勉強中

2011.01.13
「茶道文化検定」なるものの公式テキスト購入し、只今勉強中
昨今の検定ブームにのっかった検定って感じで、これをとったからどうなるってものではないけれど、勉強してみて損はないので。
それにしても、茶道って幅が広くて覚えることがいっぱい!
検定1 検定2
今日の茶のお菓子は、「鶴屋吉信」の「京観世」。
個装されたものが売っていて便利。
でも、ちょっと甘すぎ。
昔ながらの老舗和菓子屋さんのお菓子って、得てして甘すぎだと思います。

蝋梅咲く

2011.01.12
蝋梅が咲きました
昨年と比べて1ケ月遅れでした。
やっばり昨夏の暑さのせいでしょうか?
でも今年は蕾がたくさんついたので、長く楽しめそうです
「馥郁」って言葉は、蝋梅の為にある言葉だなーっていつも思います。
蝋梅1 蝋梅2
右写真は、昨日ko-chanが買ってきた福寿草。
いつ咲くかしら~

今年はアザレアもたくさん蕾がついたんだけど、アザレア、管理が難しいー。
5度から10度を保って下さいって本には書いてあるんだけど、外は今最低気温5度を下回っているし、部屋は10度以上だし、どーしたらよいの

読書事始

2011.01.11
今日は茶の本2冊読みました。

・千宗屋氏の「茶ー利休と今をつなぐ」
・檀ふみ氏の「茶の湯はじめ」
千宗屋1 千宗屋2
千宗屋氏は、武者小路千家の15代家元。
すごくお若いんです。昭和50年生まれ!
慶応大学の修士課程(中世日本絵画史)を修了されているためか、すごく学究肌。
文化庁文化交流使になられてからのアメリカ滞在記が昨年の朝日新聞に連載されていて、すごい方だなーと思っていたけれど、この本読んで、益々すごい方だなーと感服。
利休から脈々と流れる茶道を、ご自身で細かく再検討し、自分の中に組み込まれ、そして更にもっと茶道を広めたいっていう意気込みがヒシと感じられる本。
古いものも、新しいものも、全て掌握されている、全方向に幅の広いすごい家元なのでした。

檀ふみの「茶の湯はじめ」は、初心者の彼女が初茶会を開く為に、茶道に関わるトップの方々にインタヴュー・手ほどきを受けるというもの。
楽吉左衛門のところでお茶碗作ったり、上田晶子さんに仕覆作りをならったり、家元千宗室氏に手ほどきをうけたり・・・茶をする者にとっては最高の殆どありえない出会い、超上質、豪華絢爛・・全国にいる一門のjealousyを受けちゃうのではって心配になる位。
婦人画報社が出しているだけあって、写真が最高に綺麗。
こんな贅沢があるのかっていう、きらめく時間が流れる本なのでした。

=================
というわけで、茶にひたったところで、家でプチ茶会。
今日のお菓子は、塩瀬の「えくぽ」と「どらやき」
千宗屋3
「えくぼ」、じょうよ饅頭に赤いポッチがついたカワイイ御菓子。
お正月のお菓子なんですよ。
この季節にしか食べられないという季節感が、和菓子の醍醐味と思います。 

D3と韓国料理

2011.01.10
今日はKLCの帰りに、新大久保周辺のコリアンタウンへ行って来ました。
チャイナタウンほどではないけど、かなりたくさん韓国のお店が点在。
人出も結構ありました。
私達が入ったのは、「松屋」というお店。
↓プルコギと牡蠣の卵揚げ。
韓国1 韓国2
↓キムチチヂミ。大きさ表示の為、ko-chanの手入り
韓国3
サクサクして、とっても美味しいチヂミでした。
でもプルコギにものすごく大量のニンニクが入っており・・明日のバレエ教室の方々ごめんなさいって感じです。

=============
[ベビ待ち日記]
今日はフラノバール12日間飲み終わってのD3。
E2 66
FSH 20.1
今日からセロフェンとHMGスプレー。
またまたアラーム生活。

国立科学博物館

2011.01.08
Ko-chanの会社が、国立科学博物館で開催中の企画展に協賛しているので、行って来ました。
Ko-chanと自社製品。日本初の国産ジェット・2014年に初飛行予定。
科学博物館1 科学博物館2
右の写真は常設の恐竜。自社製品ではありませーん。

ついでに国立博物館も行って来ました。
「博物館で初もうで」っていうキャッチコピーがいいね
国立博物館の学芸員さん、ホント頑張ってるっぽい。
改装したらしく、展示品の場所が少し変わっていて、展示数を少し減らしたのかな?
ゆったり見られるように工夫されたみたい。
お正月らしく、干支のうさぎちゃんをモチーフにした作品も纏めて展示されていて楽しめました。

ランチは「上野レカン」で。
科学博物館3
前に来た時もそうだったけど、超オイリー。
どんだけバター使ってるの!って感じ。
今時、こんなバターコテコテのソースは流行らないと思いまーす。

バレエ事始と七草粥

2011.01.07
今日はバレエの新年初日。
たった9日間の冬休みで、体、重っ
体の芯ブレブレ。
お正月、動かなかったからなー。
12月は週2回きっちり通って、ちょっと体が出来てきたかもって思ったのに、もうすっかり元通り

ところで今日は、7日。
朝は七草粥食べました。
七草粥
今ピータンにはまっているので、ピータン入り粥です。

鷹羽狩行氏の一句。
「七草粥 欠けたる草の 何何ぞ」
思わずほっこり笑ってしまう、カワイイ句ですね。

夫婦で自宅茶会

2011.01.04
お正月も終わりましたが・・何だか年々、清々しいお正月感みたいなものを感じなくなっている気が。
働いていたら、年頭の挨拶とか賀詞交換会とか色々行事があって新年を感じると思うけど、主婦にとっては、毎日の雑務の繰り返しなので、お正月も何だか変わり映えのしない日常なのよねー。
来年は、何か新年にスペシャルな事をしてみようっと。

===================
今日までKo-chan冬休みなので、本日は自宅で茶会など。
お茶たてて飲んだだけですけど。
ko-chan、初めてお茶をたててみるの巻。
上手でした。
茶会1 茶会2
お菓子は「仙太郎」の上生菓子。
「仙太郎」、いつもは、おはぎとか大福とかが主流で上生菓子は置いてないように思うんですが、お正月期間は出すみたい。
うさちゃんがモチーフのものと、絵馬がモチーフのもの。
絵馬のものがとても美味しかったです。

初詣・明治神宮

2011.01.03
新春3日目
明治神宮へ初詣に

すごーい人出でした
3日目だからと侮ってた!
さすが初詣の参拝客日本一の神社です。
↓立ちんぼで待ちぼうけ。
明治1 明治2
1時間程でやっと本殿にたどり着き、お賽銭は、仮設のビニール製巨大プールのような所に投げ入れます。

今年は飛躍の年になりますよーに

ランチは渋谷東急の中のてんぷら屋さんで。
明治3

皇居・一般参賀

2011.01.02
新年2日目
皇居での一般参賀に行って来ました
2日1
かなりの人出で、天皇誕生日の参賀の1.5倍位かな?
2日2
いつもながら素晴らしく手入れされた皇居は、お正月気分と重なって、とても清々しいものでした。

ランチは三菱一号館の中の牛たん屋「き助」で牛たん定食を。
2日3

謹賀新年

2011.01.01
明けましておめでとうございます
今年が皆様にとって更に良いお年になりますように
お正月1
本年もどうぞよろしく御願いします。

================
元旦は、主人の実家でお抹茶など点ててみました。
お正月2 お正月3
美味しいお抹茶を差し上げたかったのに、何故か、いつもの練習の時のようにふっくらと点たず、うーむ、どうしてだ???と家に帰っても考えてたら、3日後に分かった!
今回、お茶を点てただけで、その前の手前を全部省略したから、茶せん通しをしていない=お茶椀が温まっていない、しかも、お釜をかけているわけではないのでお湯はどんどん冷める・・・つまりお湯の温度が低すぎたんだわぁ
ふっくらとまろやかなお抹茶を差し上げたかったので、めちゃめちゃ残念

というわけで、来年こそは、最高の一椀を差し上げるべく、今年は茶道に精進します。
バレエも頑張るけど。ベビ待ちも。またまたあっという間の一年になりそう!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。