スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デヴュー

2012.01.24
分娩予定の東京医療センターにデヴューして来ました
やっと一般妊婦と同じスタートラインに立てた感じで嬉しかった
しかも今日はベビちゃんの手と足が見られて、更に嬉しかった

今まで長いこと、妊婦として産婦人科にかかるのが夢だったので、産婦人科がパラダイスのように思えてて、妄想が極限まで広がり、壁もカーテンもピンクで、花が飾ってあって、かわいい赤ちゃんのイラストが飾ってあって、華やかな妊婦のざわめきが・・みたいな空間を想像しちゃってた私。
そんなおバカな思いのまま行っちゃったもんだから、フツーの病院であることに愕然。
当たり前でしょ。旧国立病院で、普通の婦人科疾患の方もいらっしゃるんだしね。
一ヶ月前に日医大に行ったばかりなのに、私ったら超勘違い女なのであった。
でも一生に一度のイベントだから、やっぱり愛育病院等の産科専門病院で、楽しい妊婦生活とホテルのような入院生活を送りたいなという思いも捨てきれずに検査受けてたんだけど、でもいざ陣痛となると、家から近い所が一番だよね。NICUがあるのも重要だし。

今日は不育症の先生がいらっしゃる日だったので、バイアスピリンを飲むと30分後にお腹の調子が悪くなることを相談したんだけど、バイアスピリンにそういう副作用はないとのことで、バファリンに変更はどうかと聞くと、そういう処方の変更は通常しないということで、今まで通り飲むことに。
いつまで飲むかは、ドクターによって12週~35週までまちまちらしい。
これは妊婦の状態によるものではなく、データがないのでドクターが適当に?終了宣言しているらしい。
KLCのように患者の追跡調査して最適な期間を設定してほしいものだわぁ。
私にとっては、ホントこの薬合わないみたいで、まぁ、赤ちゃんに影響ないのなら、お腹痛くても気持ち悪くてもいいんだけどね。影響が分からないから不安です。

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Comment

Comment form

チェックを入れると管理人以外は閲覧できません

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。