スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

詠進歌

2009.09.11
宮内庁主催の「宮中歌会始」。
皇室の方々のお歌だけでなく、一般公募で当選した10名のお歌も詠まれます。
今年の歌会始のテレビ中継を見ていて、応募してみたいと思ったのに忘れていて、今日思い出しました。
もうすぐ締め切り。
まずは過去の入選作の傾向と対策を。
ふむふむ。
誠実に生きる人々のひそやかなつぶやきのような歌が入選しているような気がします。
生活に密着した人情や情景、そして経験に基づくもの。
小さなものに対する愛情。
土地に対する思い等など。
奇をてらわずに素直な短歌。

今年のお題は「光」です。

で、「万有に 公平に与え られしもの 暖かに満つ 光なりけり」
・・・なんか概念的。もっと身近なことを。

「吾が地にも 君が任地の 尾張にも 外(と)の面(も)に満つる 光ありけり」
昨年ko-chanが名古屋に単身赴任していた時、東京でも名古屋でもどこにいても、同じ光(太陽)の恩恵を受けているねっ、そして光は万人に平等だねっていう意味のつもりだけど、名古屋じゃスケール小さいかなと思い、昨年駐在になる予定だった米国に変更。

「吾が地にも 君が任地の 米国にも 外(と)の面(も)に満つる 
光ありけり」
に変更。
勝手にアメリカに行かせるな~ってKo-chanからのクレームが来そうだね

それにしても、下手っぴいな歌だ!
まっ、数時間で考えるというのが土台無理な話。
作る前に入選歌を読んで、素直に書けばいいんだ~と思ったけど、いやいや、自分が作ってから入選歌を読むと、それがいかに推敲され、時間をかけて練られているかが分かります。
ホントすごい秀作ばかり!!

毎年20,000人を超える応募があり、入選するのは10名だから、出しても無駄だと思ったけど、せっかくなので記念応募してみました。
詠進歌
↑ 毛筆で応募するという決まりがあります。

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Comment

Comment form

チェックを入れると管理人以外は閲覧できません

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。