スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パリ・オペラ座のすべて

2009.11.07
映画「パリ・オペラ座のすべて」を見に行きました。

期待していたのに、boring movieでした・・・。
そもそも、映画として体をなしているのか?って感じ。
監督のフレデリック・ワイズマンは、ドキュメンタリーを専門に撮っている人みたいだけど、単に断片的にオペラ座内の映像が長々と流されるのみ。
インタビューもナレーションも無いのは、観客自身で色々感じ取らせるという意味ではいいでしょう。でも、そしたらもっと迫力ある映像であるべきでは?
オペラ座のすべてとタイトルにあるように、オペラ座の蛍光灯から下水道、掃除の風景とか色々出てくるけど、そんなの見たい??オペラ座にはすごい建築美があるのに、その映像はほとんど無く。
そしてすごいスター(現役エトワールだけでなく、ノエラ・ポントワ等も)はいっぱい出てくるけど、とにかく断片的な撮り方なので、スターの素顔が浮き彫りになるわけでもなく。
ドキュメンタリーといっても、ただあるがままを撮ればいいってもんじゃないような気がする。
一体オペラ座の何を伝えたいかの視点が全くなので、見ていてirritated!!!
この映画を見て、オペラ座やバレエを見たいと思う人がいるんだろうか・・???残念です。

=================
今日のランチは、お天気が良かったので、東急フードショウで色々購入して松涛公園でプチピクニック。でも、松涛公園、松涛という名がつくので綺麗な所かと思っていたら、あまり大した公園ではなかった。
マメヒコ2 マメヒコ3 マメヒコ4

そして映画の後のお茶は大好きなカフェ「渋谷マメヒコ」にて。
マメヒコ1
冬にぴったりな焼きリンゴのアイスクリーム添えと、きなこのビスケット。
マメヒコ、ほんわか暖かい気分になれるカフェ。
映画ストレスを解消し、いい気分で帰宅。

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Comment

Comment form

チェックを入れると管理人以外は閲覧できません

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。