スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山崎ワールド

2009.11.12
昨日からで、しかも今日は寒いですね。
そんな日は、お家で読書。

山崎豊子の「沈まぬ太陽」、読んでおります。
太陽1

5巻のうち、2巻の中盤までたどりついたとこ。
面白い!!・・・けど、恩地さん、なんでここまでって感じ
正義とプライドの追求だろうけど、会社側が絶対悪ってこともないでしょうにとか思っちゃう。
微妙な時期のJALが、この作品に対してイラッっときて抗議しているのも、ちょっとむべなるかな。
JALが問題をいっぱいかかえた会社というのも、すごく良くわかるけど。名指しって感じだし。
大企業であればある程、矛盾やにっちもさっちもいかないことが出てくるのは、どこの企業も同じですよね。
フィクションと分かっているけど、ついドキュメンタリーとして読んでしまってます。

作品としては、駐在員生活の描写とか、海外の風景・習慣の描写とか、とても面白くて興味をそそられます。

同じく山崎豊子作品の「不毛地帯」はテレビドラマで見ております。
暗くてちょっと息がつまりますが・・。
こちらも正義の追求ですが、汚職してまで正義を追及しても・・・って感じかな。

まっ、どちらもまだ途中。これからどうなるか楽しみです。

=================
本のお共に、かぼちゃクッキーを焼きました。
太陽2

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Comment

No title

「沈まぬ太陽」半分ほど読まれたんですね~
映画では海外赴任時代の人間模様の描写がほとんどないのがすごく残念だったかも・・・
まあそれだけの内容を3時間で表現するんだから仕方ないんでしょうけどね。
って観る前にこんなこと書いてすみませんm(__)m

FUYUちゃんへ

FUYUちゃん、もう映画みたんだね!
確かに、これ映画にするの無理あるよね。
テレビで1年位のドラマにすればいいのにと思う程。
でも映画でどういう風にまとめたか、興味シンシン。

お風邪、お大事にね。

Comment form

チェックを入れると管理人以外は閲覧できません

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。