スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イギリス旅行・Day2

2010.07.21
今回の旅行は、「ロンドンの水辺で遊ぶ」という勝手なタイトルをつけたので、早速ボートに乗りに行きます。

その前にメリルボーンストリートをお散歩。
すてきなカフェがたくさんあって、みんな楽しげにティーしてます。
いいですね。このカフェ文化。
UK2-1 UK2-2
前回行って気に入った「La Pain Quotidien」で、これまた気に入っていた「パブロワ」でティータイム。このお店、フランス系マクロビのお店ですが、全世界展開しているようなので、そのうち日本にも来ると思われます。楽しみ。

それからリージェンツ・パークをお散歩。
UK2-3 UK2-4
ここは、ハイド・パークのようにだだっ広い感じではなく、庭園風になっていて、とてもよい感じです。

そして「リトル・ベニス」という所から舟に乗って、川下りならぬカナル下り。
UK2-5 UK2-6.jpg
爽やかな風に吹かれて、ゆったり・のんびり・まったり~

ボートはカムデン・マーケットで下船。
ここは、なんかとても若者向きのプレイスで、原宿みたいな感じだったので、早々に撤退。

ロンドン大学を通って「大英博物館」へ。
UK2-7.jpg UK2-8.jpg
右写真のエントランスコートの内装がとてもステキ!
ロンドンの面白建築物、スイス・リ本社やシティー・ホールを作った建築家「ノーマン・フォスター」の作品です。
天井がガラス張りで、動く雲が模様になっているのがナイス!!
UK2-9.jpg UK2-10.jpg
いままで大英博物館は、急ぎ足でしか見てなかったので、今回はじっくりと、くまなく歩きました。
そしてやはり素晴らしいものばかりだったんだけど、ちょっと蒐集物に偏りがって気もしました。
イギリスが征服した国のものは、すごいものばかりなんだけど、その他の国・日本のブースなんかはショポイ。
柿右衛門さん・徳田八十吉さんの作品とかはあるけど、それももっといいものあるでしょーって感じで。
日本がこの程度って思われるとちょっと残念。
2年前にはなかったアラーキーの写真とかマンガも出てたけど、ううむって感じ。
まっ、しょうがないか。イギリスの博物館ですものね。

それから「ロイヤル・オペラ・ハウス」へ。
とても優美で美しい建物。
今は夏季特別期間らしく、ボリジョイバレエが上演中でした。
ショップでは、吉田都さんや熊川哲也さんの足跡グッズがあるかなと思ったけど、何もなし。
かつてのエトワールと言えども、やはり外国人あつかいなのかな。
UK2-11.jpg UK2-12.jpg 
オペラハウスの裏にあるコヴェント・ガーデン、ジュビリーマーケットは大にぎわい。
楽しげなロンドンの街の夕方でした。

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Comment

Comment form

チェックを入れると管理人以外は閲覧できません

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。