スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イギリス旅行・Day3

2010.07.22
Full English Breakfastはやっぱりすごい!
バワフル!
ロンドン3-1
これにパン+コールド物、チーズとか果物とかヨーグルトなんかもつきます。
そしてもちろん、たっぷりのモーニングティー。
がっつり。

今日は「ハロッズ」から
ロンドン3-2
いやぁーやっぱりハロッズはすごいなぁ~。
超豪華。三越など足元におよびません。
食器コーナーは博物館並みに美しいものがいっぱい!
(以前はウエッジウッドが主流だったと思うけど、今はピボレイボッホが主流っぽかった)。
家具のコーナーは、日本ではお目にかかれないような、ビックな豪華きらめく家具がいっぱい!
王室御用達?って感じのすごいものばかり
見ているだけで高揚感
食品売り場もまたすごいし。
楽しめます。ハロッズ。

それから「ヴィクトリア・アルバート・ミュージアム」へ。
ロンドン3-3 ロンドン3-4
すてきな建物。右は中庭。右端に紫陽花がたくさん咲いています。
外国人は紫陽花、見向きもしてなかったけど、日本人はやたらと写真をとっており。
なんか郷愁を誘いますものね。
ロンドン3-5
↑エントランスも美しく。この美術館は、装飾品が主流で、美しいものがいっぱい!
工芸品を見るのとは又違った楽しさがあります。

それからスローン・スクエアをうろうろ。
ヨーク公邸とPartridgesという王室御用達のフードマーケットに行くつもりだったのに見つけられず。

次はミュージカル鑑賞。
「ビリー・エリオット」
ロンドン3-6
日本でチケットとっていったんだけど、パソコンで予約を入れたら、劇場でチケットを取り置きしてくれます。
簡単ですごい!座席表見ながら座席の確定も出来るし。
ストーリーは単純なので、英語のミュージカルでも大丈夫かなと思ったんだけど、面白いセリフ連発だったようで、周りはゲラゲラ笑ってたけど、私一人、意味分からず・・・。
でも楽しかったです。

そして今日も、「ロンドンの水辺」で遊びました。
チャリング・クロスからロンドン・タワーまでテムズ川クルーズ
船からメインの建物を見る事が出来ます。
↓ビックベンとロンドン・アイ。
ロンドン3-7 ロンドン3-8
↓ロンドン・ブリッジ(ちょうど橋げたがあがったとこ)とロンドン塔
ロンドン3-9 ロンドン3-10
夕方から曇っちゃって、ロンドンっぽい空ですが。

夕食は、フィッシュ&チップスが有名な「ゴールデン・ハインド」で。
ロンドン3-11 ロンドン3-12
タラ科の魚のコッドとハドック。
ハドックの方が味が濃くて美味しかった。
すっごく大きかったけど、軽~く食べちゃいました

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Comment

No title

英国旅行記、とても素敵ですね。
思い出もたくさんできたことでしょう。ウラヤマi-178

エントランスにガラスの大きなオブジェがあったのは、ヴィクトリア&アルバート博物館(http://www.vam.ac.uk/)だと記憶してたような。細かい話ですみません。
私がロンドンで一番好きな博物館だったもので、つい。
しかし、2年以上前に行ったので、変わっちゃったのか?とも思います。

ここのショップのアイテムはどれも可愛いよね。手袋とかTシャツとか、今でも愛用しています。

うざ桃さんへ☆

あ゛ーホントだ!
間違えとる!(←夢クリ院長風)

ハイドパーク近くのロイヤル・アルバート・ホールとごっちゃになってますねi-201
ありがとうございます!

うざ桃さんもヴィクトリア・アルバート・ミュージアム、お気に入りだったんですね~i-178
うんうん。ショップもかわいいものがたくさんでしたi-179

Comment form

チェックを入れると管理人以外は閲覧できません

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。