スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

茶の日

2010.10.19
三田富子著「茶席の会話集」を読みました。
茶席の会話
ずっと以前、お友達のお茶会に行った時、茶席での亭主とお正客の会話がとっても興味深かったので。
上手に出来ると奥深く、下手だと単なる美辞麗句。
これは何か法則があるのかしらと思いながら読んでいると、やはり法則っぽいものがあり、上手く出来るようになるには、相当の知識と経験が必要のようでした。
他の人と同じことは言ったらいけないけど、違う雰囲気の言葉もダメで、個性を出しつつ奇をてらわない、なんだかとても微妙なさじ加減が必要のようでした。
そして亭主の趣向もすばやく察知しなくちゃいけないし、やっぱりお茶の世界は深いなー。

============
今日のお稽古
・長板薄茶運び手前
・貴人点

茶杓の御名は「十三夜」としました。
一日早いけど。

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Comment

Comment form

チェックを入れると管理人以外は閲覧できません

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。