スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画「利休」

2011.10.05
映画『利休』を見ました。
久々に見ごたえある映画でした。
1989年公開のもので、ちょっと古いんですけどね。
野上彌生子氏の小説『秀吉と利休』の映画化作品。
あらゆる意味ですごく豪華な映画でした。

脚本・監督が勅使河原宏氏。
 華道家だけあって、花の使い方が絶妙!
衣装デザインはワダエミさん。
 秀吉好みの豪華な着物が見ごたえあり。
 使われている絨緞は1000万円以上するものもありとか。

で、キャストがすごすぎる~。
千利休 - 三國連太郎
豊臣秀吉 - 山崎努
りき - 三田佳子
織田信長 - 松本幸四郎
徳川家康 - 中村吉右衛門
大納言秀長 - 田村亮
北政所 - 岸田今日子
大政所 - 北林谷栄
茶々 - 山口小夜子
石田三成 - 坂東八十助
細川忠興 - 中村橋之助
誠仁親王 - 熊倉功夫(えっ!林原美術館の館長さん?)
和仁親王 - 中村獅童

この重厚感!
で、使われている茶道具は「本物名物」もいくつかあるらしくて、数奇者にとっては垂涎ものらしい。
また5年後・10年後位にもう一度見たい映画。
茶道の修行が進んだら、もっともっと楽しめる映画だと思うので。
今の私には、利休のおもてなしは、ちょっと「あざとい」って思うの。
数年後には、又違った見方が出来るようになっていたい。

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Comment

Comment form

チェックを入れると管理人以外は閲覧できません

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。